2014年11月03日

エムレポートの「端末メーカ各社の海外動向−2009年度上期−」


〜成功の兆しがみえるシャープ NECはカシオ統合で北米市場を獲得〜








販売台数の下方修正を実施したシャープ現在、

シャープは中国市場の攻略に注力している。




2008年6月の再参入当初は高価格帯端末での展開であったが、

現在では普及価格帯にまで裾野を広げつつある。




ただ、販売実績に関しては、期初計画の海外市場で400万台と

見積もっていた販売台数が230万台程度になるとの下方修正もあった。






詳しくはこちらから → エムレポートの「端末メーカ各社の海外動向−2009年度上期−」






posted by 吉田義守 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
MAGICAL PLACE
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。