2012年12月19日

EclipseでCVSバージョン管理


CVSサーバーをつくって、Javaの(Eclipse)開発のバージョン管理を行いたい。しかも1時間以内で。








CVSサーバーをつくって、


Javaの(Eclipse)開発のバージョン管理を行いたい。




しかも、


スムースに。




それが本書の利用効果です。




少し具体的なイメージで説明しましょう。




あなたの手元には、


Linuxのサーバーがあります。




このサーバーを使って、


速攻でCVSサーバーを導入したい。




導入後、


メンバーに対して速やかに、


その使用方法を教えたい。




このレポートは、


そんな願いをかなえてくれるでしょう。




何故速やかにできるのか?




それは、


インターネット上にある、


数々の情報のなかかから、


私が取捨選択し自分で試してみて、


それを体系立ててこのレポートを作成したからです。




もし、


普通の会社でこのレポートつくったら、


10万円以上の費用がかかるでしょう。




本書を利用すると、


その費用を削減する効果もあります。 




しかし、


なんといっても「最新バージョンどれ?」という混乱から、


たった1時間程度で抜け出す。




それが本書の利用効果でしょう。




バージョン管理をどうするのか?


という悩みを解消しましょう。






詳しくはこちらから → EclipseでCVSバージョン管理






posted by 吉田義守 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・人文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ここだけの話・・・
 スマホをぽちぽちするだけで収入を増やせる方法があるのです。
 興味ある方は下記URLからLINE登録後「すまぽち」とメッセージください。
 https://line.me/ti/p/EJXezH2DhN
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
MAGICAL PLACE

sand-4517725_640.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。