2013年04月16日

「うつ病」と癒し☆体験実話編☆初本、うつ病と糖尿病、決して難しくない、付き合い方、接し方、読めばきっと貴方の考えがかわります。


「うつ病」★完全体験実話集★実父と、一人の女性の「うつ病」生活・実話物語、そして病気の特徴と接し方








電子書籍販売です。




父の病気は沢山の人が悩んでいる糖尿病でした。




最初は痛風を発症し、それからポリープがあちこちへと出はじめました。




幸いにして悪性ではなかったのですが、みるみるうちに肥りだし、

急激に痩せたと思ったら糖尿病です。




糖尿病だけならよかったのですが、怖いのは合併症です。




心配していた「うつ病」にかかってしまったのです。




そして「うつ病」で怖いのが「絶望感」を抱き、

自らを追い詰め○○という道を選択してしまうことです。




家族は目を離せない日々が続きました。




そして恐れていたことが起きてしまったのです。




幸いにも○○をとりとめましたが、色々なかたちでの○○○が残りました。




その後、入退院を繰り返す自宅での生活となったのです。




それから間もなくして一人の女性と知り合うこととなったのです(仮名で、ここからは幸子とします)。




幸子を見ていると、どうも父と似たしぐさが目につきました。




もしかすると、と思いながら幸子と接してしたのですが、

やはり私の思ったとおりでした。




幸子自身、自分がうつ病だと気づいておらず、

何か、「自分が変なの」と私に打ち明け始めました。




私は、まずは精神科の先生と話をしてみることをすすめました。




診察の結果、思ったとおり「うつ病」と診断されました。




そんなことから、父との同居生活、そして幸子との関わりが始まったのです。




こんな実話体験記です。






詳しくはこちらから → 「うつ病」と癒し☆体験実話編☆初本、うつ病と糖尿病、決して難しくない、付き合い方、接し方、読めばきっと貴方の考えがかわります。






posted by 吉田義守 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ここだけの話・・・
 スマホをぽちぽちするだけで収入を増やせる方法があるのです。
 興味ある方は下記URLからLINE登録後「すまぽち」とメッセージください。
 https://line.me/ti/p/EJXezH2DhN
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
MAGICAL PLACE